荒地の恋のキャスト&あらすじ!ドラマ出演者と原作について調査!

bsPAK85_mangetutokumo20140713


今期放送されるドラマ「荒地の恋」。
今から楽しみにしている人も多いはず。
原作の情報だけではなく、
キャスト・出演者も気になりますよね!

今回は、気になるドラマ「荒地の恋」の
あらすじとキャスト(出演者)、原作などを
ネタバレなしでまとめてみました^^


スポンサードリンク

 


ドラマ「荒地の恋」のあらすじ





戦争の爪痕が色濃く残る1947年、詩誌「荒地」創刊のために
北沢太郎、三田村貴一、有川信夫ら
戦後日本の現代詩運動の中心となる詩人たちが集まった。
それから28年後の1975年、53歳の北沢は新聞社の校閲部に勤務しながらも
ほそぼそと詩作を続けている。

妻の治子、娘の優有子、息子の尚に囲まれた彼は、
平凡な幸せを慈しむ毎日。

だが、その北沢の人生に大きな転機が訪れる。
親友である三田村の妻・明子(鈴木京香)と頻繁に接触を持つようになり、
恋に落ちるのだ。

北沢は仕事を捨て、家族を残し、同じく家を出た明子と暮らしていく中で、
これまでにないほどの情熱と「言葉」を取り戻す。
それぞれが「荒地」の人生を歩んでゆく。

(公式サイトより引用)


ここまでがドラマ「荒地の恋」の
全体のあらすじです。

あらすじを読むだけで、
すでにかなり面白いですよね!


スポンサードリンク

 


ドラマ「荒地の恋」のキャスト・出演者・原作



ドラマ「荒地の恋」の原作は
ねじめ正一氏の同名小説。


原作者のねじめ正一氏は、
「荒地の恋」のドラマ化について

「ドラマ化されることで、馴染みのない荒地派の詩人達の生き方を知ってもらえることは嬉しい。
荒地派の詩人達はどの人もみな狂気を孕んでいた。
豊川悦司さんが主人公の狂気をどのように演じてくれるのか、
鈴木京香さんが小説の明子のイメージをどのように大きく裏切ってくれるのか、
大いに期待している。
小説とは違う映像化された詩人の激しい恋に
心をヒリヒリさせながら観ていただきたいと思っている。」

とコメントしています。



では、ドラマ「荒地の恋」
の気になるキャストと出演者を見ていきましょう。


北沢太郎・・・豊川悦司

三田村貴一・・・松重豊

有川信夫・・・田口トモロヲ

北沢治子・・・富田靖子

北沢優有子・・・川島海荷

三田村明子・・・鈴木京香


以上がメインキャストです!



メインキャストの二人だけでも豪華ですが、
脇をかためる出演者もベテラン揃いでですね!

安心できるメンバーなので、
ドラマの世界に思いっきり入り込めそうです。


ドラマ「荒地の恋」は
ストーリーやあらすじはもちろん、
キャスト・出演者からも目が離せません!


以上、ドラマ「荒地の恋」の
あらすじと出演者(キャスト)、原作のまとめでした!


スポンサードリンク
 

関連記事

return top