おかしの家の最終回ネタバレ公開!ドラマ最終話は駄菓子屋を・・・

bsPPH_pinknoame


TBSテレビで放送されている、
ドラマ「おかしの家」の、
気になる最終回のネタバレについて書いています。

ドラマ「おかしの家」は
下町の小さな駄菓子屋を舞台に、
大切なものを見失っていた人たちが
これまでの過去や失敗、夢と向き合って
成長していくというドラマで、
今期の注目ドラマとなっています。

そんなドラマ「おかしの家」の
気になる最終話のラストネタバレを
以下にまとめてみました!


スポンサードリンク

 


ドラマ「おかしの家」の注目はそのほっこり世界観


ドラマ「おかしの家」は
深夜に放送されているにもかかわらず、
非常に注目されているそうです。

贅沢なキャスティングでありながら、
のんびりした空気が流れているのは
最近のドラマでも珍しいと
癒されるドラマとして
好評なようですね^^

最終話までこののんびり感が
続いてほしいですね!

では、そろそろ気になるドラマ「おかしの家」の
最終回のネタバレを見て行きましょう!


スポンサードリンク
 


最終回のネタバレを分析してみた


ドラマ「おかしの家」には原作などはなく
オリジナルの脚本から作られています。
なので、最終回のネタバレを
原作からつきとめることはできません。

主人公の桜井太郎はおばあちゃん子で
いつまでの少年の心をもっている
やさしい青年。

おばあちゃんの駄菓子屋を守るために
バイトをしながら駄菓子屋経営を頑張っています。

そして、太郎のまわりの人々も
順風満帆とは言えない人生をかかえています。

太郎の幼なじみである礼子が離婚して
戻ってきたことがきっかけになり、
それぞれが自分の人生について
考え直すようになります。


ドラマですから、当然主人公の「いい奴」が
痛い目を見て終わるはずがありません。

ですが、このままバイトをしながら
駄菓子屋を続けていくのは
ドラマ的にもちょっとイマイチ。

ですから、最終話の終わり方として
まず考えられるのは、

何らかのアイデアがきっかけで
駄菓子屋が人々に認知され、
受け入れられるようになり
スムーズに経営を続けられるようになる。

又は、
「おばあちゃんのために」と思って
つぶさないように頑張っていた駄菓子屋だけど、
駄菓子屋を守ることばかりに
こだわっていた考え方は
実は違うのではないかと
太郎たちが気づいて駄菓子屋を手放し、
新しい道へすすんでいく。

この二つが考えられます。


周囲の人間も太郎にいろいろな気づきを
与えてくれますが、
駄菓子屋をどうしていきたいかについては
結局太郎自身が考えなければいけません。

なので周囲の人間が抱える問題も、
それぞれがきちんと向き合って
解決していく結末になるのでは
ないでしょうか。

これは最終話まで目が離せませんね!


以上、ドラマ「おかしの家」の
最終回(最終話)ネタバレ分析まとめでした!


スポンサードリンク
 

関連記事

return top