コウノドリの最終回ネタバレ公開!四宮の過去についても調べてみた

bs150705190782


現在放送されている、ドラマ「コウノドリ」の、
気になる最終回・最終話のラストネタバレと、
四宮の過去について書いています。

ドラマ「コウノドリ」は
ピアニストという裏の顔を持つ産婦人科医、
鴻鳥サクラが医療の現場で
出産という待ったなしの医療現場で
母子の命を守るために奮闘する医療ドラマで、
今期の注目ドラマとなっています。

そんなドラマ「コウノドリ」の
気になる最終回・最終話のラストネタバレを
以下にまとめてみました!


スポンサードリンク

 


ドラマ「コウノドリ」で気になる四宮の過去のネタバレ


ドラマで気になるのは
鴻鳥サクラの同僚の産婦人科医、四宮の過去。

暗く、厳しい医師として近寄りがたい存在ですが
四宮がそうなってしまったのは過去にあった出来事のせい。

原作漫画からのネタバレを書きます。

四宮もかつては常に笑顔を見せ
患者に優しく接していたが、
自分の担当していた妊婦が
喫煙をしていたにもかかわらず、
喫煙をやめさせようとしなかったために

その妊婦が出産する際に危険な状態となり、
母親は帰らぬ人となってしまい、
生まれてきた赤ちゃんは植物状態となってしまった。

自分が妊婦に厳しくしていれば
こんな不幸が起こらなかった。

そう自分を責め続ける四宮は
正しいお産をさせるために
自分の感情を閉じ込めてしまった・・・。

以上が四宮の過去のネタバレです!


では、そろそろ気になるドラマ「コウノドリ」の
最終回・最終話のラストネタバレを見て行きましょう!


スポンサードリンク
 


最終回のラストネタバレを分析してみた


気になる最終話のネタバレですが、
ドラマ「コウノドリ」は原作が漫画なので
漫画を見ればおのずとドラマの結末を
推測することができます。

ですが、原作の漫画は現在も
週刊誌「モーニング」で連載中なので
最終話を見ることはできません。

連載中の漫画「コウノドリ」の内容は、
やはり出産中に危険な状態になった
母子を助けるなどの
過酷な医療現場のエピソードが
続いています。


ですから、ドラマ「コウノドリ」でも
最終回までいろんな患者や赤ちゃんを助けながら、
医師達が過去をのりこえたり
成長したりしていって
今後の産婦人科医療に希望を残す・・・
というラストが考えられますね。

もちろん、鴻鳥サクラの別の顔、
ピアニストという特徴的な面が
全編にわたって話のスパイスとなっているので
ラストシーンも聴衆の前でピアノを弾く
鴻鳥サクラが、今日も緊急状態の患者のために
演奏を中断して舞台からとびだしていく・・・
なんてラストシーンかもしれません。

これは最終話まで目が離せませんね!


以上、ドラマ「コウノドリ」の
最終回(最終話)ラストネタバレ分析まとめでした!


スポンサードリンク
 

関連記事

return top