破裂の最終回ネタバレ公開!ドラマ最終話では衝撃のラストが

bsOZPA87_kyuunishinzouga20130707


現在放送されている、ドラマ「破裂」の
気になる最終回・最終話のラストネタバレ
について書いています。

ドラマ「破裂」は久坂部羊の同名小説が原作。

高齢化社会となった現在、
医療の進歩は目覚しいが
何も考えずに延命治療を行うべきなのか。

医療が抱える矛盾を背景に
エリート医師と天才官僚が対峙し、
現代に必要な医療のありかたを考えていく、
そんな難しいテーマを投げかける作品です。

ドラマ「破裂」では
見ごたえのある演技をするベテラン俳優が集まった
豪華なキャスティングもあいまって、
今期の注目ドラマとなっています。

そんなドラマ「破裂」の
気になる最終回・最終話のラストネタバレを
以下にまとめてみました!


スポンサードリンク

 


ドラマ「破裂」の注目は医療のありかた


ドラマ「破裂」では
老人がいかに長生きするべきか、
それがテーマとなっています。

延命治療をしても
満足に生きられないなら
いっそ安楽死を選ぼうという
老人は決して少なくありません。

老いない人間は誰一人としていない。
ですからドラマ「破裂」が
私達に問いかける問題について
見ている人たちは考え、
共感していくのでしょう。


では、そろそろ気になるドラマ「破裂」の
最終回・最終話のラストネタバレを見て行きましょう!


スポンサードリンク
 


最終回のラストネタバレを分析してみた


気になる最終話のネタバレですが、
ドラマ「破裂」は同名小説が原作であるので
小説を見ればほぼ
最終回のネタバレとなるといえるでしょう。

ただし、小説とドラマでは
登場人物やストーリーが多少違います。

なので、ドラマに関連する部分の
小説のネタバレだけを書くことにします。

ストーリーの最後の部分では
松野が何らかの問題を訴え、
ドラマには出てきていない
麻酔科医の江崎という人物がメインとなって
ストーリーが進行していく。

だが、松野は佐久間のさしがねで
消されてしまい、
江崎も病院と敵対してしまったため
別の古い病院へ転勤させられてしまう。

その後、麻薬を常用するようになった
江崎はホームレスへと転落。

佐久間はそんな江崎を
安楽死プロジェクトへと誘うが
江崎は拒否し、麻薬中毒からたちなおって
社会復帰することになる。


そして、佐久間は賄賂疑惑で逮捕され、
取調べを受けている途中で脳梗塞の一種である
「閉じ込め症候群」という病気になり、
手足が完全に麻痺してしまう。

頭は正常に働くものの、
身体を動かすことができない佐久間は
老人への安楽死を追い求めていた
麻酔科医・江崎のことを思い出す。

香村はかつて担当した患者の家族が
雇った殺し屋に襲われ、
その患者と同じような状態にさせられて
息をひきとる。


以上が原作のネタバレですが、
かなりヘビーな内容ですね。

見ている人々に最後まで
問題を投げかける、
そんなラストになりそうです。

これは最終話まで目が離せませんね。


以上、ドラマ「破裂」の
最終回(最終話)ラストネタバレ分析まとめでした!


スポンサードリンク
 

関連記事

return top