源氏物語ネタバレあらすじ!映画のラスト結末とキャストは・・・

bsYUKI_nensyuhikusugi15112924


映画版の放送が地上波で決定した「源氏物語 千年の謎」。
生田斗真さんが主演ですし、今から楽しみですねー^^
キャストやあらすじだけではなく、
ラスト・結末のネタバレを知りたい!
と思う人も多いのでは?

そこで今回は映画「源氏物語 千年の謎」の、
気になるキャスト、あらすじ、
ラスト・結末のネタバレをまとめてみました!


スポンサードリンク

 


映画「源氏物語 千年の謎」のキャスト



では早速、映画「源氏物語 千年の謎」
のキャストを見て行きましょう。


【光源氏の物語】

光源氏(生田斗真)

藤壺中宮、桐壺更衣(真木よう子)

葵の上(多部未華子)

夕顔(芦名星)

六条御息所(田中麗奈)

桐壺帝(榎木孝明)

弘徽殿女御(室井滋)


【式部の物語】

紫式部 (中谷美紀)

藤原道長(東山紀之)

安倍晴明(窪塚洋介)

彰子(蓮佛美沙子)

藤原行成(甲本雅裕)

一条天皇(東儀秀樹)



以上がメインキャストです。


何といっても主演の生田斗真さんが楽しみ!
豪華で、個性的で、ベテラン揃いのキャストで楽しみですね!



映画「源氏物語 千年の謎」のあらすじ



では次に、映画「源氏物語 千年の謎」
のあらすじを見て行きましょう。



日本最古の恋愛小説『源氏物語』を題材に、
その華麗な物語と謎に満ちた紫式部自身にまつわる物語を
並行して描き出す歴史絵巻。

平安時代。時の権力者・藤原道長は、
娘・彰子に帝の心を向けさせるため、紫式部に物語を書くよう命じる。

そうしてできた『源氏物語』はたちまち帝を魅了し、
彰子は帝の息子を生むことに成功する。

無事役目を終えた紫式部だったが、
なおも『源氏物語』を書き続けていく。
そんな紫式部に、陰陽師の安倍晴明は不穏な気配を感じ始めるが…。

(公式サイトより一部引用)



ここまでがあらすじですが、
大まかなあらすじを見ただけでも
すでに面白そうですよね!^^


スポンサードリンク

 


映画「源氏物語 千年の謎」のラスト・結末ネタバレ



では、一番気になる映画「源氏物語 千年の謎」の
その後のあらすじ、ラスト・結末のネタバレを見ていきましょう!


映画「源氏物語 千年の謎」の
その後のあらすじ、ラスト、結末は以下の通りです。




自分のことを”光”と呼ぶ藤原道長(東山紀之)と
紫式部(中谷美紀)は男女の関係。
ある日、道長は式部に道長の権力の基盤である中宮・彰子(しょうし、蓮佛美沙子)が
男子を産めるような物語を書くように命令する。



「第1章 桐壺帝と桐壺更衣」

桐壺帝(榎木孝明)は、身分の低い桐壺更衣(真木よう子)を愛し、
更衣が生んだ子供が”源氏”となるが、母親の更衣は、産後に亡くなってしまう。
桐壺帝は、源氏を愛し、その後中宮の藤壺(真木よう子の二役)と一緒に育てるように。

源氏も成長し、臣下におとされ、”源氏”姓を名乗るようになる。


場面は変わり、藤原道長の前に、権力闘争に敗れた藤原一門の死霊が現れる。
道長は、死霊に立ち向かうが、陰陽師の安倍晴明(窪塚洋介)が死霊を退散させる。


「第2章 六条御息所と夕顔」

成人した源氏は、プライドの高い葵の上(多部未華子)と結婚する。

葵の上以上にプライドが高いのが、六条御息所(みやすどころ、田中麗奈)。
美しい御息所を多数の男たちと競い、愛人となったのが源氏だっただけに、
御息所は源氏に深い愛情を求める。

しかし、源氏はどちらにも、十分な愛情が感じることができない。
そんな中出会った身分低き女”夕顔”(芦名星)に、源氏は興味を持つ。

その後、源氏といる夕顔のもとに御息所が生霊として現われ夕顔を苦しませ、
夕顔は源氏の目の前で息絶える。


 場面は変わり、宮中では、紫式部の「源氏物語」が評判になり、
中宮・彰子は無事に子供を身ごもる。


「第3章 六条御息所と葵上」

源氏の正妻である葵上も妊娠し、御息所もそれを知って、
プライドと嫉妬のために六条御息所は、生霊となる。
生霊となった御息所は、葵上を苦しめる。

だが、これらはすべて源氏が生み出した煩悩だったと分かる。
葵上は、男児(後の夕霧)を出産し、亡くなる。
御息所は、自らを恥じて伊勢に下向する。


場面は変わり、中宮彰子に男児が生れ、道長の権力は磐石のものとなるが、
清明は紫式部について「あの女には、不吉な相が現われておるぞ」と注意する。


「第4章 藤壺中宮の男児誕生」

源氏の父親である桐壺帝の正妻の藤壺と源氏は、
一線を越えて男女の関係になり、東宮が生まれる。
その後、桐壺帝が病気で亡くなる際、東宮の後見を源氏に託す。(後の冷泉帝)
そして藤壺は出家する。


 場面は変わり、桜のシーン。
紫式部は宮廷を去ることになり、道長に挨拶をする。
道長の「源氏物語を書き続けるのか」という問いに、
式部は、笑みを浮かべながら「はい」と答える。


「エピローグ 光源氏と紫式部」

 霧が立ち込めている橋で、源氏と式部がすれ違う。
男は「あの女が、私を苦しみさせ続けさせているのだ」と言う。
源氏は、市中を目指して歩き続ける。
霧で幻想的な光景の中、源氏は振り返って笑う。
そして徐々に声を大きくしていくのであった・・・。〈完〉


以上、映画「源氏物語 千年の謎」の
あらすじ&キャスト、ラスト・結末ネタバレのまとめでした!


スポンサードリンク
 

関連記事

bsPAK73_kumasannonuigurumi20140531

テディゴーのキャスト&あらすじ!ぬいぐるみ作者と原作も気になる

bsPAK66_koibitototewotunagu20140301

オトナ女子の最終回ネタバレ公開!最終話まで千葉雄大に注目したい

bsPAK85_omocyanotecyou

相棒14の最終回ネタバレ公開!シーズン最終話のラストは・・・

6f3ace4f1571c8302d6fe9e36268a4d8_s

家族ノカタチのドラマキャスト&あらすじ!出演者と原作をいちはやく調査!

bsPPS_cyabudaitokyuusu

NHK朝ドラ2016「とと姉ちゃん」キャスト&あらすじ!前期出演者も豪華な顔ぶれ

bsPAK86_yukataunaji20140823

トランジットガールズのあらすじ&出演者!キャストでは健太郎に注目