結石破砕は日帰り可能?入院費用は日帰りとそう変わらない場合も

bsN934_karutewomitekangaerudr


死にそうになる位の地獄の痛みだという結石。
結石が大きくなければ自然に体外に排出されますが
大きい場合には排出されにくいため、
体外衝撃波で破砕するという処置がとられます。
最近では入院せず日帰りもできるそうですが、
費用はどのくらいかかるのでしょうか?

そこで今回は結石の体外衝撃波破砕の
日帰り処置と入院、そして必要な費用についてを
独自に調査してまとめてみました!


スポンサードリンク

 


結石の体外衝撃波破砕とは



結石とはその名の通り、身体の中に
石ができてしまい、それが尿路
(腎臓、尿管、膀胱、尿道)に移動することで
痛みを感じるものです。

結石の石が小さいのであれば、
痛みは比較的少なく
尿と一緒に体外は排出されるのですが、

石が大きい場合は
尿路の中を石が少し移動するだけで
激痛を感じるし、

石が大きいと尿と一緒に体外へ
出ていきにくく、
痛みが長い間続きます。



そのため、石が大きい場合には
身体の外側から衝撃波を使って
石を破砕して砂状にし、
尿道から排出させるようにするのです。


この処置のことを

「体外衝撃波破砕」

というのです。



体外衝撃波破砕は日帰り可能?



体外衝撃波破砕は結石の処置法の中でも
だいぶポピュラーなやり方になり、
導入している病院も多いようです。


これまでは体外衝撃波破砕の処置を受けた後は
数日間の入院が必要だと言われてきましたが、
最近では日帰りでできる病院も増えてきました。
(破砕の処置自体は1時間程度)



最近は長く休めない人が増え、
体外衝撃波破砕を日帰りでやりたい!
という人が多くなったため

日帰りで処置ができる病院も
増えてきたそうですが、
処置をした後1泊や2泊程度入院するほうが
安心だそうです。


スポンサードリンク
 


なぜ入院をするべきなのかというと、

・体外衝撃波破砕をしても
完全に破砕しきれていない場合に
後で痛みが出る可能性がある

・体外衝撃波破砕をしても
砕いた石が別の場所に詰まって
痛みが出る可能性がある

からです。


これらの痛みが帰宅した後、
夜に出たりすると
すぐに処置ができず、
結局同じ苦しみを味わうことになります。


その点、処置をした後1泊でも入院すれば
体外衝撃波破砕の後の経過もみてもらえるし、
万が一成功していなくて激痛が出た場合も
すぐに対処してもらえるので安心です。


どうしても無理、という場合以外は
できるだけ入院するほうがおすすめですね。



体外衝撃波破砕で入院する場合の費用は



では、気になる体外衝撃波破砕にかかる費用ですが、

体外衝撃波破砕の処置費用の目安は
日帰り処置の場合だと


保険1割負担で30000円~

保険3割負担で70000円~



ぐらいだそうです。


そして、体外衝撃波破砕をした後に
入院する場合、

1泊2日だと


保険1割負担で30000円~

保険3割負担で80000円~



が目安です。
(※投薬料、食事代、個室使用料は別)


この金額はあくまで目安なので、
病院のシステムなどによって変わる場合があります。



いかがでしょうか?

結石は命にかかわる病気ではありませんが、
痛みを我慢し続けるのにも限界があります。

辛い時は体外衝撃波破砕の処置も
検討してみる価値はあるのではないでしょうか。


以上、今回の調査報告まとめでした!


スポンサードリンク
 

関連記事

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

抜け毛が激しい!女性&若い場合の原因と対処法を調べてみた

bsN912_ba-beQ

一日一食のメニューは?夜だけ食べる人の一日の食事を調査してみた

bsYUKI_nensyuhikusugi15112924

子供の口臭!生臭い&酸っぱい場合の原因・対策まとめ

bsPAK85_lalaonakaitaidesu20140321

胃が痛い時の飲み物&食べ物!コンビニで買えるものも調査してみた

bsN934_karutewomitekangaerudr

手首の痛み!曲げると痛い&親指側・小指側が痛い場合の原因と対処法まとめ

bsOZP85_yabeeonakaitai

お腹が張るし痛い!吐き気、下痢まである場合の対処法と原因を調査してみた