忘年会ゲーム、短時間でできるのはコレ!会社の上司とも盛り上がるおすすめゲームまとめ

bsJSK542_kanpai


そろそろ忘年会の季節ですね!
会社の忘年会の幹事さんは
忙しくなってきたのではないでしょうか?
そんな幹事さんのために、
短時間で盛り上がるゲームを
まとめてみました!

是非これで楽しく会社の忘年会を
盛り上げちゃってくださいね^^


スポンサードリンク

 


会社の忘年会におすすめ!短時間で盛り上がるゲームたち


では早速、会社の忘年会向けの
短時間で盛り上がるゲームをご紹介します!


◆ビール瓶足立て合戦

まず男女でペアを作り、相方と肩を組みます。
(同性同士でのペアでもOK)
あらかじめ足元に空のビール瓶をいくつか転がしておき、
制限時間内(だいたい3分から5分)で
2人で足だけを使ってビール瓶を何本立てられるかを
競うゲームです。もちろん足以外を使うのは反則負け。
時間内に多くのビール瓶を立てられたペアの方が勝ち。

男女ペアだと盛り上がりますが、
気まずくなりそうな場合は
上司チーム対OLチームなどにしてもいいですね。


◆飲み物ぴったりゲーム

コップの真ん中あたりにテープなどで印をつけ、
コップに飲み物とストローを入れておきます。
選ばれた二、三名はアイマスクをして、
合図と同時にストローでコップの中の飲み物を飲み、
水位が印に一番近い人が勝ちとなります。

やる側は恥ずかしさもなく気軽にできるし、
見る側は本人達が見えてない事を良い事に
適当なガヤを入れて誘導したりでき、
地味に思えて意外と盛り上がります。

やるたびに毎回水位を変えられますから
コツも掴みにくく、程よく難しいところもポイント。
また、このゲームではキラキラおめめや
怒りに燃えた瞳などのおもしろアイマスクがあると
さらに盛り上がります!


スポンサードリンク
 


◆後出しジャンケン大会

大人数宴会の王道ゲーム、じゃんけん大会を
そのままやらずにひとひねり。
後出しジャンケン大会の司会者は、
「私が出したものを見て、負けるものを出して下さい」
と指示し、
参加者はその人に負けるものを出す、
といういたってシンプルな逆じゃんけん大会。

見た後に出すのだから簡単、と思いきや
いつもは勝つためにやっているじゃんけん。
ついつい勝ってしまうものを出してしまうもの。

後出しでいいのですが、
あまりにも考えるのに時間を与えると
皆正しく負けてしまうので

「じゃんけんぽん!
3、2、1、はい!」


などと3秒後に出させる、など
時間制限をある程度決めるのがいいですね。

頭の体操にもなりますし、
一番短時間で勝者を決められ、
どの年代の人でもできるゲームなので
おすすめです。



いかがですか?

意外と短時間でできて盛り上がるゲームって
探せばあるんですよね。

これらのゲームなら会社の忘年会でやっても
気まずくならずに盛り上がるし、
誰とでも楽しくできるので
是非やってみて欲しいと思います^^


スポンサードリンク
 

関連記事

return top