NHKの受信料を払わないと裁判になるのか?法律と矛盾する裁判がそこにはあった

ID-100210433

NHKの受信契約をせず
受信料を払わない世帯に対して
NHKがおこした大阪の裁判で、

「受信契約に応じない場合でも
NHKが契約締結を求めて2週間たてば
契約が成立しているというべきだ」
と裁判所が判断、受信料の支払いを命じる
判決を言い渡したというニュースが話題になっています。



この裁判所の判断理由が訳わからないのって
私だけでしょうか?

契約というものはそもそも
両者の意見が一致、同意して行われるものですよね?

それなのに、
「応じない場合でも契約締結を求めて2週間たてば
契約が成立しているというべきだ」
というのはあまりにもおかしいのではないでしょうか。



若者のTV離れがすすみ、
NHKの受信料を払わない世帯が多くなってきた近頃。

NHKを見ていないのに
NHKの受信料を請求されるから
払わない訳にはいないのでは?
と考える人も多いはずですが、

そもそも受信料を払うことになるのは
NHKとの「受信契約」を結んでから。

「受信契約」をしていないのなら
請求される事はないはずだし、
請求されるとしたらおかしな話です。


スポンサードリンク

 



そして、「法律で決まっていて、
TVがあったら受信契約をして
受信料を払わないといけない」と
NHKの集金の人が言うそうですが、

その法律とは放送法のことで、
一番重要な部分を抜粋すると
「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは
多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを
設置した者については、この限りでない。」
となっています。



つまり、
「放送の受信を目的としない=NHKを見ない」
ならば、受信契約をする必要はないのです。

要するに、
NHKを観ていない場合や
DVDを観るためやTVゲームをするためだけにTVがある、
というような場合です。


なので、NHKを観ていないのであれば
受信契約をする必要はありませんし、
契約をしていないのなら
受信料を払う必要はないはずです。




ですが、今回の大阪の裁判の判決では
「NHKが契約締結を求めれば
求められた方が同意していなくても
二週間たてば契約されたことになっているべき」
とまあ本当に本気で訳の分からない事が
述べられています。


スポンサードリンク

 



これって、

「掃除道具のレンタル契約をしてくれと言われ、
それを断っていたら
2週間後に契約書とともに請求がきた」

「街を歩いてたらエステに勧誘され、
一年間の契約をさせられそうになり断ったが
2週間後に契約書とともに請求書がきた」

というのと同じことですよね。

今回の大阪の裁判で
NHKを観ているなら払うべき、というのは
まっとうな考え方だし賛成ですが、
この判決に導いた理由、
もっとマシなものはなかったのでしょうか・・・(汗)




ちなみに、別の裁判の例として
NHK側が契約した世帯に対して
受信料を払えと要求した裁判で、
世帯主は契約自体をしていないと否定。

契約書にあった筆跡が世帯の誰のものとも一致しなかった事から
契約は締結しておらず、受信料を払う必要はないという
判決が出てNHK側が敗訴した例もあります。

この判決はまともだとは思いますが、
問題はNHK側が勝手に契約書を作成した事です。

これが国営放送が行ったことだと思うと・・・
あー、考えただけで怖いです。


こういうことしてるからイメージが悪くなって
受信料を払わないって言う人が
増えちゃうと思うのですが。



それではまた!


スポンサードリンク

 

関連記事

bsN934_karutewomitekangaerudr

川島なお美の病院はどこ?順天堂らしいが守秘義務はどうなっているのか

bsNS601_moon

ハロウィンイベント2015!京都のデートスポットまとめ

bsMS251_netura

世界野球とは何?ルールの違いも調べてみた

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-INA85_recyoukonndensam-thumb-1000xauto-15902

嵐が口パクに徹する理由とは?FNSうたの夏祭り2015でも完全口パクと批判

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s

シルバーウィークの穴場デートスポット!千葉の日帰りスポットを厳選してみた

823078baa24d6b4358ca7b68a45f27b7_s

若者の車離れの原因を考えると「時代は変わったな」としみじみしてしまう